ナルト 香燐 小説

Feby 8, 2020
ナルト 香燐 小説

ナルト 香燐 小説

まずは、コメントで多かったナルト×香燐の話になります。 この話はそれほど長くは無いのでご安心を(笑) 注意としまして、これは、あくまでもナルトと香燐のカップリング小説になりますので、ヒナタとナルトが結ばれる事はありません。

ナルトと似たような境遇で幼少期を過ごした香燐。 周りは皆、自分たちを道具としてしか見ていなかった。 唯一母といる時だけが、香燐と言う一人の人間でいられた。 ナルトに取って、三代目火影は香燐にとっての母と同じ存在なのだと思う。

そして、香燐... 彼女はそもそも直接戦闘に向いた忍ではない。 もちろんその気になれば、下忍レベルなど圧倒出来るが、香燐の役目はナルトのサポートである。 無駄な戦闘などする気は無かった。 そうして、第三の試験に進むための予選が始まった。 ・

「ナルト...」 香燐は落ち込むナルトの手を握り励まそうとする。 「仲良くやっているようね。香燐。ナルト君の事はお願いね?」 大蛇丸はそんな香燐を見てほくそ笑むとそう言ってその場を後にした。

香燐を見た草隠れの受験者は、香燐に見覚えがあった事に気付いた。 それは、数年前まで自分の里で奴隷のように扱われていた親子... 草隠れの受験者は、そこまで思い出した所で、闇に落ちた。 ナルトがその手に、もった刀で首を切り落としたのだ。

まずは、コメントで多かったナルト×香燐の話になります。 この話はそれほど長くは無いのでご安心を(笑) 注意としまして、これは、あくまでもナルトと香燐のカップリング小説になりますので、ヒナタとナルトが結ばれる事はありません。

リクエスト小説 ナルト×香燐の話 完結 作者: アーク1 アカデミーに入ったばかりの少年『うずまきナルト』は、自らが住む里の人々に迫害を受けていた。

香燐の答えに怪訝な表情を浮かべる君麻呂に反し、ナルトは満足げに「香燐なら気づくと思ったよ」と頷いた。 「ウチの眼を舐めんなよ」 得意気に言う香燐を胡散臭そうに睨みつけながら、君麻呂は思い当った事を口にする。

ナルト 香燐 小説