デスノート 主人公 映画

Feby 8, 2020
デスノート 主人公 映画

デスノート 主人公 映画

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

『デスノート』は、漫画『death note』を原作とした2006年に公開された日本映画。丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。

『デスノート』のハリウッド実写化といえば最初の実写版である藤原竜也×松山ケンイチ版(金子修介監督版)の頃からウワサされていたものの、月日は流れ国内ではTVドラマ版と上述の劇場版の続編が製作され、そしてついにNetflix資本による実写化がついに実現した。

ニュース| 人気漫画『deathnote』(デスノート)の約11年ぶりとなる新作読み切りのネームが13日、漫画アプリ『少年ジャンプ+』に掲載された。

定額制動画サービスの「NETFLIX」オリジナルムービーとして初のアメリカ版として登場した「Death Note」(デスノート)。. 日本人なら誰もが知る漫画、アニメ、実写映画とヒットを重ねた人気ストーリーですが、初のアメリカ版の舞台がなんとシアトルだったこともあって個人的に大注目してい ...

映画で人気作となった「デスノート」は、この夏、日本テレビ系列のドラマとしても、放映されることが決まっています。デスノートの主人公は、映画もドラマも違います。この2人が演じる主人公、夜神月役の俳優さんの性格やプロフィールとは一体どんなものか、さらにデスノートにおいて ...

アニメ、実写映画、舞台、ドラマと様々なメディアミックス展開が行われ、その度に話題になってきた「deathnote(デスノート)」。夜神月、l、弥海砂といったメインキャラクターは原作のみならずファンアートやコスプレなど多方面で人気を博しましたが、サブキャラクターの一人である松田 ...

画像・写真|『小畑健展』に展示されている新作読切の原稿(C)ORICONNewSinc. 1枚目 / 『デスノート』新作読切、主人公“ノートの使い方”話題 ...

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)、映画「舟を編む」など、数々のドラマや映画、CMのロケで使われた東京都千代田区神田神保町の大衆 ...

★主人公のデスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創を演じるのは、2012年に公開された映画『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈な俳優デビューを果たし、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した東出昌大さん。

デスノート 主人公 映画